MENU

中古車売却

中古車売却をする時に気になるのが元からあるキズやヘコミは直した方が良いのかといった問題ですが、そのまま中古車売却しても問題はありません。
ちょっとしたキズぐらいはそのままにして洗車をして綺麗にしていれば良いのです。
洗車の時に研磨効果があるワックスがあるので、それを使用する程度で見た目が綺麗になっていれば良いです。

 

何故キズやヘコミを直さなくて良いのかと言いますと、直すとかえって高くつくからです。
当然ではありますがキズやヘコミがある方がマイナス査定となりますけど、それらを直すために掛かる費用の方が高くなります。
キズやヘコミを直して買取価格が高くなったとしても直す費用の方が高ければ全く意味がありませんので、そのままの方が良いのです。

 

それに個人で中途半端に直す事によって、その部分の塗装が剥がれしまって工程作業が増えてしまい、さらにマイナス査定になってしまったという事例もあります。
中古車売却で少しでも高く買い取ってもらう場合は修理した箇所があるのでしたら正直に申告した方が良いでしょう

中古車売却で事故車を1円でも高く売る方法について

事故車でも需要はあります。中古車売却を考えている人で、事故車の場合には、査定額が低くなってしまうこともありますが、走行が難しいような中古車でもなるべく高く売る方法として、多くの買取業者をあたることが必要です。業者によっては、事故車でも販売ルートがあり、高く売却できる場合もあるのです。もし、事故を起こしてしまった場合には、程度の軽い事故ならば走行してもよいですが、エンジンや足回りなどに不都合があるような場合には、走行をせずに事故の現場まで買取業者にきてもらい、中古車売却を図るべきです。

 

事故後に走行することで、車の状態が悪くなってしまう可能性もあるのです。

 

事故車を買取業者に売却をする際の査定時には、プロの査定士があらゆる部位をチェックします。

 

いくら、事故歴がないと言っても、必ず事故を起こした部位の修理跡などが残っているはずです。1円でも高く事故車を売りたいならば、正直に事故を起こしたということを査定士に伝えることが必要です。業者との信頼関係が築けなければ、高く購入してくれる可能性は低くなります。
車高価買取